新動画サービスParavi(パラビ) とは?TVで見るにはFireTVが必要。

新しい動画配信サービス「Paravi(パラビ)」が4月1日スタートしました。

パラビは
・東京放送ホールディングス(TBS)
・日本経済新聞社
・テレビ東京ホールディングス
・WOWOW
・電通
・博報堂DYメディアパートナーズ
の6社が共同で立ち上げたサービスです。

Paravi(パラビ)で配信される動画サービスは?

Paravi(パラビ)のサービス内容を見てみましょう。
・独自コンテンツの配信
・最新ドラマ・バラエティの見逃し配信
・最大級の国内ドラマアーカイブ
・「WBS」「ガイアの夜明け」「未来世紀ジパング」「カンブリア宮殿」池上彰の報道特番などの配信
・TBSラジオとラジオNIKKEIのコンテンツの活用
・デジタルキュレーションを目的としたテキストメディアの立ち上げ
・日経新聞、日経BP社のオリジナル番組
・Paraviと各メディアグループを縦横断するダイナミックな編成企画
・ニュース・ビジネス番組、文化・教養コンテンツ、バラエティの制作・配信

たくさんありすぎて、逆によく分かりませんね。ポイントを絞ってお伝えします。

ポイント1 経済系番組が多い

日経新聞や日経BP社、池上彰を起用したりと経済系に力を入れています。こういった動画配信サービスは他にはないため、ちょっと興味を惹かれます。

ポイント2 独自の新作コンテンツが多数?

Paravi(パラビ)は「毎日、新作コンテンツ」をスローガンに掲げています。
単に新作ドラマ・バラエティ・アニメの見逃し配信をさしているだけの可能性もありますが…

テレビでの視聴はParavi(パラビ)はFireTV(STICK)のみに対応

テレビでParavi(パラビ)を見る場合、FireTVが必要になります。ChromecastにもAppleTVにも対応していません。

Paravi 月額利用料は925円、初回登録月は無料

無料期間はよくある登録後30日ではなく、当月中です。注意しましょう。

また、「TVODチケット」が毎月1枚付与され、300円以内のコンテンツを1話無料で視聴できます。