FireTVの延長保証は必要?保証期間と値段から計算してみた

FireTVを買うときに迷う、延長保証に入るか問題。

これは、保証期間内の故障リスクをどう考えるか、つまり故障の確率をどう見積もるかで入るべきかを決めるといいです。

あなたの考え方を回答すれば、保証入るべきか分かるツールをつくったので是非使ってみてください。(延長保証がいかに割に合わないかが分かります)

故障する確率なんてあって10%以下だと思っているので、私は保証に入っていません。

FireTV Stick 4Kを購入する場合

FireTV Stick 4Kの延長保証に加入すべき?

注意
FireTV Stick 4Kの場合、延長保証をつけなくても最初の1年間は保証がついています
2~3年以内にテレビを買い替える予定がある
保証に入る必要はなし
2~3年以内にテレビを買い替える予定はない
2年以内に壊れる確率が20%以上だと思う
保証に入った方がいい
▼より安心したいなら3年保証
2年以内に壊れる確率が20%以下だと思う
保証に入る必要はなし

考え方解説

保証期間 値段
2年間 1280円
3年間 1880円

対して、FireTV Stick 4K本体の価格は6980円です。

保証期間に壊れた場合には

  • 保証なし⇒新しく本体を買いなおす
  • 保証あり⇒無償で交換

となることを考えると

2年保証の場合

  • 2年以内に故障する確率が18%(1280円/6980円)以上⇒保証に入った方がお得
  • 2年以内に故障する確率が18%以内⇒保証に入らないほうがお得

3年保証の場合

  • 3年以内に故障する確率が27%(1880円/6980円)以上⇒保証に入った方がお得
  • 3年以内に故障する確率が27%以内⇒保証に入らないほうがお得

ということになります。

MEMO
買い直す頃には値下がりしている可能性が高いので、実際には延長保証に入るのがより不利になります。

また、最近のテレビは(型落ちのものであっても)各種動画サービスが見られるのでFireTV Stickが必要ありません。なので、テレビの買い替えを予定している場合は保証に入る必要はありません。

FireTV Stick を購入する場合

FireTV Stick の延長保証に加入すべき?

2~3年以内にテレビを買い替える予定がある
延長保証に入る必要はなし
2~3年以内にテレビを買い替える予定はない
2年以内に壊れる確率が25%以上だと思う
保証に入った方がいい
▼より安心したいなら3年保証
2年以内に壊れる確率が25%以下だと思う
延長保証に入る必要はなし
MEMO
FireTV Stickの場合、延長保証をつけなくても最初の90日間は保証がついています。なので初期不良による故障は考えなくてよいです

考え方解説

まずは延長保証の料金から。

保証期間 値段
2年間 980円
3年間 1380円

対して、FireTV Stick本体の価格は3980円です。

保証期間に壊れた場合には

  • 保証なし⇒新しく本体を買いなおす
  • 保証あり⇒無償で交換

となることを考えると

2年保証の場合

  • 2年以内に故障する確率が25%(980円/3980円)以上⇒保証に入った方がお得
  • 2年以内に故障する確率が25%以内⇒保証に入らないほうがお得

3年保証の場合

  • 3年以内に故障する確率が35%(1380円/3980円)以上⇒保証に入った方がお得
  • 3年以内に故障する確率が35%以内⇒保証に入らないほうがお得

ということになります。

MEMO
買い直す頃には値下がりしている可能性が高いので、実際には延長保証に入るのがより不利になります。

また、最近のテレビは(型落ちのものであっても)各種動画サービスが見られるのでFireTV Stickが必要ありません。なので、テレビの買い替えを予定している場合は保証に入る必要はありません。

まとめ

  • FireTVの保険加入は基本的に必要なし
  • 2年以内に2~3割が壊れると考える場合のみ入った方がお得

FireTVに限らず家電などの延長保証は割高なことが多いのでよくよく考えてから入るといいですよ!