隅田川沿いでカフェとグランピングを楽しむ「鷰 en」が蔵前にオープン

蔵前に2018年春にできた「鷰 en」

鷰 en 4F グランピングがオープン!


グランピングとはグラマラス×キャンプから生まれた造語。

手ぶらで出掛けてラグジュアリーなキャンプを楽しめる、新しいアウトドアの楽しみ方です。

やっぱテントとか張るのかな!?すごく楽しみ。
MEMO
自治体との調整の結果、残念ながら火は使えなくなってしまったそう

鷰は4/6にGRAND OPENしました。ただしカフェのみのオープンで、グランピングはまだ楽しめません。店員さんに伺ったところ6月末までのオープンを目指しているそう。

″都会の中の「グランピング」。空と風を感じながら、贅沢な時間をお過ごしください。″

公式ページの言葉に期待しつつオープンを待ちましょう!

▼ここの屋上がグランピングスポットになる予定

ちなみに、各地の名産品が並ぶ予定の3Fも未オープンです。
▼どうやら老舗の手染め手拭いなどが販売されるよう

鷰 en  メニュー

ビタミンカラーが目を引くスイーツ(400~600円)

インスタ映えしそうです!

ドリンクはスタンダードなメニューが並びます。特筆すべきはブルックリンの焙煎所からコーヒー豆を仕入れているという点。

下町のブルックリンの愛称で呼ばれる蔵前にちなんで、ブルックリンから輸入しているらしいんです。

▼量がたっぷりのアイスコーヒー

▼ブレンドはベリー感が強くすごく好みの味でした

 

en 蔵前 海老チリソースのバインミー

フードメニューはホットサンドとパスタプレート(ランチタイムのみ)でした

チリソースドッグをいただくと、これは新しい味!

チリソースだけどそこまで辛くはない。

たっぷりと入ったにんじんと大根のサラダがけっこう主張してきます。

神妙な顔をしていると、ベトナムのサンドイッチ「バインミー」だと店員さんが教えてくださりました。

柔らかめのフランスパンにボリューミーな具材。最近、専門店ができたりと流行ってきているんですって。

言われてみれば確かにアジア風!
あ、別添えしてあるパクチーは追加もできるそうですよ!

鷰 en  施設案内

鷰 en 1F

1Fはハイカウンター席の簡易カフェ。

来訪すると麻のユニフォームをまとった店員さんが、元気よく出迎えてくれました。

さすがはアウトドア施設が併設されたカフェというところでしょうか。

店内はエメラルドグリーンと爽やかなブルーが目立つ内装。どことなくリゾート地などの海外を思わせます。
天井からぶら下がっているのはスピーカー。個性的でいいですね!

鷰 en 2F

2Fは座敷スペースもありゆったりと食事が楽しめるスペースになっています。

いいなと思ったのが店の奥にどーんと置かれているマルシェコーナー。
ちょっと高めだけれど、思わず欲しくなってしまうものばかりでした。

中でも目に留まったのはドライフルーツ。
最近食べるようにしているオートミールにかけたら絶対おいしいやつ!
調味料も多くおいてあって、グランピングで使えるのかな?
とかワクワクしちゃったり。

 

設備

Wi-Fi:利用可能

電源:利用可能

また、カウンターにはDJブースが備わっていました。
パーティーなどが行われるのかもしれません。

洗面所に足をかける台があったり、化粧室やおむつ台があったりとお子さん向けの設備も充実していました。

インスタ投稿でお金が貰える??

enの公式アカウントに気になる投稿がありました。
詳細は不明ですが、これはお小遣いが稼げちゃうやつな気が…お店に足を運んだ方は店員さんに聞いてみるといいかも。

鷰 en アクセス

まとめ

鷰は燕(つばめ)の難しい書き方。家の軒先に巣を構えるつばめのように、蔵前の顔になりたい!という思いが込められてるんですって。

今まで蔵前駅A2口近くのカフェといえばマクドナルド一択でしたが、これからは鷰 enがそのライバルとなりそうです。オープンが楽しみです。

▼蔵前のその他のおすすめカフェについてもまとめています。よろしければご覧ください!

地元民の私がおすすめする、蔵前周辺のおしゃれカフェ16選