【蔵前】おいしいコーヒー豆が買えるカフェ10選をランキング形式でご紹介

清澄白河に続くカフェの街として注目を集めている蔵前。
多くのお店でコーヒー豆を買うことができます。

ただ沢山のカフェがありすぎて、逆にどこがいいのか選びづらいのも事実。

そこでわたしが買った経験を生かして、コーヒー豆が買えるおすすめのお店を独断と偏見にもとづいて、ランキング形式でご紹介します。

▼通販で買える美味しいコーヒー豆は「通販で買える本当に美味しいコーヒー豆まとめ」にまとめました

通販で買える本当に美味しいコーヒー豆まとめ

COFFEE WRIGHT

浅煎りサードウェーブコーヒー豆

流行りのサードウェーブコーヒーの流れをくむCOFFEE WRIGHT。有名なチョコレート屋「ダンデライオンチョコレート」すぐ近くにお店を構えます。

店のカウンターに並ぶ豆はポットが横においてあってどれでも試飲が可能。
わざわざ煎れてもらうのも…と試飲にハードルを感じる人も安心です。

シングルオリジン・浅煎りの豆を得意にしているので、苦めのコーヒーが苦手ならCOFFEE WRIGHTで間違いなしです。

▼ケニアの豆。すっきりした甘みが好みの味。たまらん!

COFFEE NOVA(コフィノワ)

個性豊かなスペシャリティコーヒー豆

COFFEE NOVAでは豆を買いたいと伝えると、紙カップが貰えて自由に試飲ができます。

試飲用のコーヒーはフレンチプレスで煎れられたもの。

豆ごとに焙煎の仕方にこだわっているおかげでしょうか、どのコーヒーも個性が際立っていて美味しいです。

追記:店主さんに伺ったところ、品質だけでなく、「特徴的でこれは面白い」と感じた豆を集めているそう。通りで違いが際立つわけです!

ちなみに店長はQグレードという資格も持っていて、スペシャリティコーヒーの目利きができるすごい人。

ドリップパックコーヒーをオーダーできるのも魅力です。

▼ニカラグア 特長の甘さはもちろん芳醇な香りがすばらしかった

【蔵前】冬季限定の絶品あまおうサンド!コフィノワの魅力をPR!

SOL’S COFFEE(ソルズコーヒー)

体にやさしいコーヒー豆

酸化を防ぐ独自の焙煎方法でつくった、体にやさしいコーヒー豆を取り扱います。

生産国のシルエットが施されたお洒落なパッケージはプレゼントにも喜ばれそうです!

サンシャイン ステイト エスプレッソ

豊富な種類と手頃な価格

サンシャイン ステイト エスプレッソは豆の種類が豊富で、毎月新しいお豆が入荷されます。

豆を買うと1杯サービスでコーヒーがいただけること、毎日焙煎しているので、焙煎したてのコーヒー豆を購入できることも売り。たくさん買うと割引が効くのも嬉しいですね。

蕪木

チョコにあう喫茶店のブレンドコーヒー豆

蕪木は鳥越付近にあるコーヒーとチョコの専門店。特にブレンド豆がおいしいです。古きよき喫茶店のコーヒーが好きなあなた、きっと気に入るはずですよ!

焙煎コーヒー豆 ベースキャンプ

バケツ一杯のコーヒー生豆

20年近く前から続く老舗で、蔵前がカフェの街として有名になるよりずっと前から続いています。

100gあたり400円~とお手軽な値段で地元民に愛されていて、お土産用というより普段使いに重宝するお店。

注文は生豆200gから。400g以上で10%、1kg以上で20%の値引きが入ります。焙煎すると水分がとび、1割くらい軽くなります。

さらに、ベースキャンプでは、豆だけでなく煎り方も選べます。ミディアムからハイまで、好みの深さでオーダーしましょう。

▼店内にはたくさんの生豆が並びます

購入後その場で豆煎りが始まります。使うのは普通の焙煎機とはひと味違うマスターのお手製マシン。

出来上がるまでの間に、奥のスペースでコーヒーを1杯サービスいただけます。銘柄は一番人気の大江戸ブレンド。丸みのある味わいのおいしい一杯でした。
 蔵前駅からは少し離れた佐竹商店街のはずれにあるのでアクセスはいまいち。ですが、本当にコーヒーが好きな人なら足を運んでみてほしいお店です。

▼珍しいドミニカの豆を購入。200gなのでずっしり!

珈琲焙煎処 縁の木

珍しい国のコーヒー豆
好みの深さに合わせてその場で焙煎してもらえます。まさにオーダーメイド。
インドやドミニカなど珍しい国のコーヒー豆もおいてあるのが嬉しい。
あと、ここのデカフェの豆はカフェインレスなのにコクがあって旨いです。おすすめ。

▼他では見たことのない珍しい焙煎機にも着目です

LEAVES COFFEE APARTMENT

FUGLENのコーヒー豆

世界的に有名なオスロ発のFUGLENのコーヒー豆を販売しています。
(東東京でフグレンの豆を買えるのはリーブズコーヒーくらい)
▼2018年、浅草にフグレンがやってきました!
浅草にFUGLENが上陸。表参道のフレンチとコラボのワッフルを食べてきた。 袋をあけた時に広がる香り高さが他の豆とは別格。やっぱり世界でも名高いだけありますね、フグレン。ただし、焙煎したてではないこと、最低200gから販売なところがちょっと惜しい。

▼代々木にある実店舗、フグレン東京はいつだって大にぎわい

Nui.(ヌイ)

ONIBUS COFFEのコーヒー豆

Nui.は同じ名前のホステルに併設されたカフェ&バー。世田谷のONIBUS COFFE監修のこだわりコーヒー豆を販売しています。

▼オニブスブレンドというエスプレッソ向きの豆。

ナッツのような香ばしいフレーバーと自慢だという長く続く余韻がすばらしかったです。

霧が良いから、と少し多めにおまけしてくださったのも嬉しかったです!

スクエアカフェ 蔵前店

セカンドウェーブのコーヒー豆
お店オリジナルのスクエアブレンド、シアトルエスプレッソの2種類。値段は100gあたり500円。

駅近にあるので、うっかり買い忘れた人も安心!