袋ごと詰替えられるツーウェイディスペンサーは買いなのか?使ってみた感想まとめ

パウチ袋ごと詰替えられる”楽さ”がウリのヴェール ツーウェイディスペンサー。

Amazonと楽天で評価が真っ二つに割れているので買うのを躊躇していたのですが、
使ってみると作りの甘さもなくスゴク満足な仕上がりでした。

詰替えのわずらわしさがなくなって想像以上に便利ですよこれ。
シャンプー容器の1つの完成形だと思います。

今回はツーウェイディスペンサーを実際に使ってみた感想をサクッとご紹介します。

ヴェール ツーウェイディスペンサーを買った理由

シャンプーの詰め替えって面倒じゃないですか?

清潔にするためにはディスペンサーを洗わないといけない
間口が狭くて奥まで届かないから水を入れて振るだけ。
だからしっかり洗えてるのかよく分からない。

濡れたままシャンプー入れるのも不潔だから乾燥させないといけない。

ようやく乾いたと思ったら詰替えるの失敗してこぼしたりするし…

ここだけの話、詰替えるのが面倒で袋のまま使ってたりするし。
挙句の果てに袋を倒しちゃったりするし。

そんな中見つけたのが山崎実業が販売しているツーウェイディスペンサー。

ディスペンサーの上がパカっと開くから洗いやすいし、
パウチ袋ごと交換するから詰め替えもラク。

ヴェール ツーウェイディスペンサーを使った感想

詰替えがラクラク

蓋を外して

詰替えシャンプーの上部をカット

本体に入れたら蓋を戻す

以上3ステップ。かんたんです!

シンプルなデザイン

shampoo、body soapと記されただけのシンプルな見た目も気に入っています。
どんなお風呂場にもマッチするんじゃないでしょうか。

商材写真ほどの高級感はなかったですが、まずまず満足できる出来栄えです。

密閉性は問題なし

ツーウェイディスペンサーは上部がまるまる開くので、
洗い安い反面すきまから水が入らないかが気になりました。

ただ、結論からいうと問題なし。

詰替える際に少し内部に水滴がついていることもありますが、
シャンプーが薄まるなんてことはありませんでした。

ちなみに普通のディスペンサーの場合には、すすぎが甘かったのか
詰替えた翌日に中身がシャバシャバになってダメになることがありました。

腐剤不使用の天然素材のシャンプーを使っているのでディスペンサーは
清潔に保たないとこういうことが起きちゃうんですが、
ツーウェイディスペンサーの場合には問題なく使えています。

最後まで使い切りやすい

容器の底が中心に向けてくぼんでいます。
だから、量が少なくなってもしっかりプッシュできる。
細かいですが、気に入っているポイントです。

1プッシュの量は気持ち少なめ

ノズルが細く1プッシュで出るシャンプーの量は少なめ。個人的には量が調節しやすいので助かっています。
ちなみに私は1回あたり2プッシュとちょっと使っています。

ツーウェイディスペンサーの種類

ツーウェイディスペンサーは商品のまとめページがないため選ぶのが大変。
そこで発売されている商品のバリエーションをまとめておきます。

デザイン

デザインは以下の4つ。

・ベーシックなタイプ

・円柱型の「タワー(ラウンド)」

・ひし形のデザインが入った「ダイヤ」

・真四角の「スクエア」

ホワイト・ブラック・ピンク・ライトブラック(黒透明)・ライト(透明)の5色展開です。

 

パウチが透けちゃうからライトブラック・ライトは、いまいちですね。

ラベルの種類

本体前の下あたりに入れる文字が、ボディソープ、シャンプー、コンディショナーから選べます。

まとめ

シャンプーの詰め替えがラクになるツーウェイディスペンサー。お勧めアイテムです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です