要約&解説 広告マンの人生の教訓【TED Talk】

要約

広告マンのサザーランドが広告について語る。前半は広告のすばらしさ、後半は広告がうまくいった事例を紹介している。

広告のすばらしさ

彼の主張はこうだ。

社会的な豊かさがある一定に到達すると価値における無形価値の占める割合が高くなる。

無形価値って何?
MEMO
無形価値とは高価な車や家など目に見える物の価値「以外」の価値のこと。ブランドの価値や主観的な価値、幸せや健康といったものがこれにあたる。
そして、ものの見方を変えることで無形価値を高めることができるのが広告。
「悪者扱いされることも多々ある広告だけど、本当は大切なんだ」そうサザーランドは語る。

大成功の広告事例

  • なんとかして民衆にじゃがいもを食べさせたい王様がとった方法とは!?
  • ベールの着用をやめさせトルコを近代化させたい政府がとった方法とは!?

興味深くて教養にもなるような事例が10個近くあげられている。広告業に進みたいと考えている学生とかは聞いておいて損はないんじゃないかな?

感想レビュー

広告マンは面白い人が多いことは万国共通なようです。言葉巧みに観客から笑いを誘いながらズバズバと独特な持論を展開する。
ちょっと論旨が明確じゃない、飛び飛びなところもあるけれど、出てくるエピソードはどれも面白いからぜひ聞いてみてほしい。

リスニングポイント

全体的に早口で聞き取りづらい。
原文:It’s held every two years in Burma.
訳:2年ごとにミャンマーで開催される
ミャンマーが聞き取れなかった。”ばぁーま(発音記号ではbˈɚːmə)”って発音するんですね。
ミャンマーの元の国名「ビルマ」をネイティブに発音するとこのようになるようです。

単語

intangible value:触れられない価値

トーク中でいう無形価値のことですね。

intangible⇔tangible:触れられる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です