【蔵前】コワーキングスペース「IDO(アイディーオー)」が誕生。クラフト系のイベントも。

浅草から両国に向かい、清住通りを南に進む途中、
新しいお店ができているのを見つけました。

Do?何のお店だろう??

窓が大きく開放的な空間でありつつ、入れる様子はありません。

看板は出されているのでお店だと思うんだけれど…

IDOとは?

気になって調べてみると、ものづくりのためのコワーキングスペースでした。クラフトの街、蔵前にピッタリのスポットですね!

墨田区から新たなものづくりを発信しクリエイターのハブとなる新拠点 「IDO(アイディーオー)」をオープンいたします。

プレスリリースによるとIDOは「半減するものづくりの町工場をもう一度盛り上げること」を理念に掲げているようです。

IDOでできること

コワーキング&インキュベーション

月額利用料金を支払えばいつでも利用可能になる予定。機材、工具を自由に使うことができる。講演会やレクチャーを開催する予定らしいです。

雑貨製作

写真立てやラック、それから子ども向けのおもちゃなどをクリエイターに協力してもらいつつ、デザインや制作する。

クリエイター向けのハッカソン

ハッカソンとは短期間でアイデアから試作品作りを行い、その出来映えを競うイベント。
IDOでは、墨田区内の事業者が扱っている素材や技術をテーマにして、優秀者には事業者と提携して商品開発を行う権利が与えられるんですって。

ものづくりワークショップ

CRAZY WEDDING利用の新郎新婦が、結婚式の引き出物を手作りするのにも使えるようです。

IDOのアクセス

所在:〒131-0033 東京都墨田区東駒形1丁目15−12永功ハイヴ駒形1F
アクセス:浅草駅(銀座線/浅草線)徒歩8分、蔵前駅(大江戸線/浅草線)徒歩10分

まとめ

IDOは墨田区のものづくりのハブ兼コワーキングスペース。見たところ本格始動はまだのようなので、今後の展開が気になります!