【パソコンも充電可】dodocoolの20100mAhモバイルバッテリー使用感レビュー【PD対応】

愛用していた20100mAhの大容量バッテリーがダメになってしまったため、dodocoolのものを新調しました。
こいつがすごくイイので紹介したいと思います。

macなどPCも充電できて、これさえあれば煩わしい電池切れのストレスから開放されますよ!

(もう買えないけど)dodocoolのレビューだけ知りたい方はこちら

おすすめの大容量モバイルバッテリーが知りたい方はこちら

そもそも大容量モバイルバッテリーって必要?

ぶっちゃけマメにモバイルバッテリーを充電できる&スマホくらいか充電しない人なら必要ないです。

けれど

・モバイルバッテリーは鞄に入れっぱなしにしておきたい
(モバイルバッテリーの充電なんてやってられるか!)
・タブレットにPCにイヤフォン…たくさんデバイス持っている

といった人には超おすすめ。

大容量モバイルバッテリーは充電切れの煩わしさから開放してくれる、救世主です!

大容量モバイルバッテリーを買ってよかったこと

電源があるカフェを選ばずに済むようになった

作業をするときはコンセントを借りられるカフェかどうか気にしがちじゃないですか。そして結局、スタバやタリーズに落ち着いてしまう…

けれど、大容量モバイルバッテリーを手に入れてからは電源の心配がなくなったので、気ままにカフェを選べるようになりました。

カフェ巡りが大好きな私はすごく恩恵を受けてます!

長期外出でも安心

iPhone7回分というとんでもない容量なので、スマホの電源は3日から4日こいつに任せっぱなしでOK。海外旅行など宿で充電できるか分からないときにすごく心強いです。

PCも充電可能

mac bookなどPD規格に対応したPCは充電できます。なのでこれ1台でほぼ全てのデバイスの充電が可能。

dodocool DP13 モバイルバッテリーレビュー

わたしが選んだ大容量バッテリーは「dodocool DP13」選んだ理由は当初、一番コスパがよかったから。

見た目・重さ

表面はすべすべしていて指紋が目立たないです。縦長で太さがないので、カバンの中で場所をとらないのもいい感じ。手に持つとずっしりとな重みがあります。

iPhoneと比べたときの大きさはこんな感じ。

充電スピード

これまでのUSB規格では5Vだったところが20Vになっています。体感での充電スピードは2倍くらい。

PCへの充電

dodocool DP13の充電電圧は45W。PD対応であれば、ほぼ全てのPCが充電できます。mac bookは充電できました。

おすすめPD対応の大容量モバイルバッテリー

と、ここまで紹介しておきながら、dodocoolのモバイルバッテリーは現在は販売されていません。

しかし、もっと安くて性能がいいPD対応のモバイルバッテリーが発売されているのでご紹介しておきますね。

RAVPower USB-C 26800mAh パソコン 充電 バッテリー

RavPowerといえば、DC出力でのPC充電可能なモバイルバッテリー(RP-PB11・現在販売なし)を7000円と格安で売り出して話題になった会社。
そんなRavPowerがまたまたやってくれました。MacBookProに対応しているモバイルバッテリーの中で最安値。本体重量458 g・保障期間も購入後登録すれば30ヶ月と申し分ありません。AMAZONでも発売以来長い間ベストセラーとなっていますね。

J-Force 世界超速 JF-PEACE8K2660

最大60Wの電源供給。こちらもMacbookProに対応。ただ、価格面でも重さの面(640g)でもRAVPowerに劣ります。

似たモデルで「世界超速 for スマホ」がありますが、こちらはそもそもPCが充電できないので気をつけてください。

ANKER PowerCore+ 26800 PD

ちょっと前まで定番でした。けれど今はもっと安くて軽いモバイルバッテリーがたくさんあるので選ぶメリットはありません。(本体580g・値段10000円)

dodocool

私が買ったやつですね。クリックしても在庫がないかも…

PD対応のモバイルバッテリーを買う際の注意点

上でご紹介したモバイルバッテリーは、USB Type Cの充電機を利用します。USBタイプCの充電器を持っていなければ別途購入が必要です。

わたしはdodocool製のものを使っています。USBアダプタが多くて便利。

まとめ

バッテリーが大容量なぶん多少重くて大きい大容量モバイルバッテリー。しかし、「いつでも充電できる」という安心感は1度使うともう手放せなくなりますよ!