【UNOが進化】ボードゲーム「DOS」が新発売!気になるルールは?

カードが残り1枚になったら「ウノ」と宣言でお馴染みのテーブルゲームの定番UNO。

「はい、ウノ忘れ~」

「お前ここでドロ4かよ!」

ものすごく盛り上がりますよね!

そんな大人気のUNOシリーズに新作が出るらしいんです。
その名も「DOS(ドス)」

イタリア語でウノは1、ドスは2っていう意味だよ!

基本ルールはそのままに、2年間、アイデアを練りに練って新しく生まれ変わったボードゲーム、DOS。

今回は気になる「DOS」のルールについて調べてみました。

DOSのルール

UNOと比較しながらルールをまとめていきますね。

場のカードが2枚!

UNOだと場のカードは1枚。しかしDOSだと場のカードは2枚。

一度に出せるカードが2枚!

場のカードに合わせて手札からカードを捨てていきます。その枚数がなんと二枚。というのも2枚のカードの合計が一致するように出すこともできるから。戦略が広がりそうですよね!

色と数字が両方合うカードを出すとボーナスが!

要らない手札を1枚捨てることができます。

残り2枚になったときは「ドス!」と宣言

UNOだと残り一枚で「ウノ!」でしたよね。

場のカードと同じ「数字」でスタート

スタートする人は場のカードと同じ数字を出す必要があります。
UNOより縛りが厳しいですね!

▼どんな数字でも対応できるワイルドカードは健在

公開されていないDOSの詳細ルール

実は上で紹介しているのはDOSのパッケージの裏側に書かれたルールのサマリ。つまり、細かなルールはまだ公開されていないんです。

  • ドロ2やドロ4はあるの?
  • 出せなかったときのペナルティは?
  • カードは何枚ずつ引くの?
  • 山札のどちらのカードに手札を捨てればいいの?

疑問や興味が尽きません。もしかするとまだまだとんでもないルールが隠されているのかも?期待が高まりますね!

DOSが発売されるのはいつ?

DOSはアメリカで2018年3月にTargetというスーパーで先行発売。8月に全米で発売されるとのこと。日本での発売時期は未定です。価格は5.99ドル(約640円)

まとめ

  • 大人気ボードゲームUNOの新作「DOS」が発表された
  • 早ければ2018年3月には日本で手に入れることができるかもしれない