スペシャリティコーヒーの上の存在?カップオブエクセレンスについて調べてみた

先日、秋葉原のVaultCoffeeを訪れた際にすごくおいしいコーヒーをいただきました。

店員さんから「カップオブエクセレンス」という国際コンテストで上位に入賞した豆を使っていると教えたいただきました。

カップオブエクセレンスとは?

カップオブエクセレンス(COE)とは「その年収穫された中から一番おいしいコーヒー」を決める国際コンテスト。

最大5回の審査を経て選抜され、高評価されたほんの一握りのコーヒー豆のみがカップオブエクセレンスを名乗ることが許されるんです。

  • スペシャリティコーヒーは全ての豆のうちの10%ほど
  • コンテストに出展されるもののうち、COEに認定されるのは10%以下

コンテストに出品されるのは当然クオリティの高い豆。つまり、カップオブエクセレンスは全体の1%ほどの豆にしか与えられない名誉ある称号ということ!こういったことからカップオブエクセレンスは「コーヒー界のオスカー賞」とも呼ばれます。

カップオブエクセレンスの基準とは

複数の審査員によって、味や香りなどから総合的に評価されます。その平均スコアが85以上のものがカップオブエクセレンスとして認められます。

グレード スコア
カップオブエクセレンス プレデンシャルアワード 90~
トップ・オブ・トップ 88~89
トップ・スペシャリティコーヒー 85~87
スペシャリティコーヒー※1 80~84
プレミアムコーヒー※2 76~79
コマーシャルコーヒー ~75

※1 カップ項目評価で4項目以上が6点以上

※2 カップ項目評価で全項目が5点以上

カップオブエクセレンスのコーヒー豆通販

カップオブエクセレンスとなったコーヒー豆は、ネットオークションにかけられて高額で取引されます。しかし、我々一般人がこのオークションに参加するのは至難の業。

つまり、オークションで落札したバイヤーが販売しているものを購入することになります。

Amazonでも出品がある他、

楽天市場では加藤珈琲店が多く取り扱っています。
https://www.rakuten.ne.jp/gold/gourmetcoffee/

独自オンラインショップをもつトーアコーヒー田代珈琲UCCでも購入が可能です。

カップオブエクセレンスの開催国は?

出展:ACE

1999年に初めて開催されたカップオブエクセレンス。以来、規模は年々大きくなっていて、2017年にはブラジル、メキシコ、エルサルバドル、グァテマラ、コスタリカ、コロンビア、ホンジュラス、ブルンジ、ニカラグアの9国で開催されました。

カップオブエクセレンス 1位の豆一覧

カップオブエクセレンスを主催するACE(Alliance For Coffee Excellence)のHPから過去の受賞豆のまとめを参照できます。

参考 Cup of ExcellenceAlliance For Coffee Excellence

カップオブエクセレンスが楽しめるカフェ

カップオブエクセレンスのコーヒーを提供しているカフェもあります。

VaultCoffee

関連ランキング:コーヒー専門店 | 末広町駅秋葉原駅御茶ノ水駅

白金コーヒー

関連ランキング:コーヒー専門店 | 白金高輪駅泉岳寺駅白金台駅

シアトルのスターバックスではカップオブエクセレンスを提供しているらしいです。値段はまさかの1998円。凄まじいです…

カップオブエクセレンスにのみ許されるマークとは

カップオブエクセレンスの称号を得たコーヒー豆のパッケージには、ロゴをあしらえたマークがつけられています。

カップオブエクセレンスの審査員になるには

カップオブエクセレンスを主催するACE(Alliance For Coffee Excellence)という団体の会員になることで、審査に加わることができるよう。ただし年会費が215ドル(上位会員は5400ドル)とかなり高価。会員にはカップオブエクセレンスの豆サンプルが送られるようですが…ちょっと庶民には手が出ないですね。