フルHDや4Kより大切なこととは?動画配信サービスで画質が悪い理由を解説。

動画配信サービスの画質が悪い…そんな時によく取りざたされるのが画質。

「ボヤけた画質にならない」「動画が乱れない」そんな動画配信サービスを探している方は、この記事をぜひご覧ください。

問題は動画配信サービスにはないのです。

灯台もと暗し!

本来どの動画配信サービスでも画質はDVDより良い

実は、プライムビデオにせよhulu、NETFLIXにせよ、どんな動画配信サービスでもHD画質(1280×720)には対応しているんです。

言い換えると、DVDやアナログ放送よりは俄然画質がいいわけです。

MEMO
  • 旧アナログ放送⇒640×480(SD画質)
  • DVD⇒720×480
  • 地上デジタル放送⇒1,440×1,080
  • 4K⇒4096×2160

じゃあなんで画質が落ちるの??

画質が悪くなるのは通信回線のせい

けれど、こんな比じゃなくて圧倒的に悪くなっていませんか?俳優の顔が潰れて見えなくなるほど。

原因は動画のダウンロード速度、言い換えると通信速度が遅いこと。

実は通信速度が遅い時、動画がカクついたり止まったりしないよう、動画配信サービスが意図的に画質を落として配信しているんです。

画質を大幅に落としたとしても、見れなくなるよりはまだマシということですね。

画質を上げるには通信環境を改善すること

ここまで来るともうお分かりでしょう。止まらない動画配信サービスをあれこれ試しても意味はなし。

動画の画質が落ちる根本原因の通信スピードを改善しましょう。

具体的には、モバイルルーターから光回線に変えるなど、通信環境をアップグレードするのが良いでしょう。

まとめ

  • 本来、動画配信サービスの画質はどれもDVDより良い
  • にも関わらず画質が落ちるのは通信速度が遅いせい
  • 画質のいい動画が見たいなら通信環境を見直すのがいい