【デロンギ】新登場した「ディナミカ」スペシャルティコーヒー専用メニュー以外の違いは?買いかどうかはメニューを使うか次第

全自動コーヒーメーカーの中で他のメーカーを圧倒しているデロンギ。

2019年10月1日に新機種「ディナミカ(ECAM35035W)」が発売されました。

この機種のポイントはなんと言ってもスペシャリティコーヒー専門のメニュー。最近の流行りのスペシャリティコーヒーを美味しく味わえるらしいんです。

ただ、全自動カフェラテ機能などが付いていなかったりと不便なところもある模様。そこで、それ以外の違いはどうなっているかまとめてみました。

デロンギ ディナミカはコーヒー専門メニューが豊富

スペシャリティコーヒー専門のメニューはから導入されたため、他の機種には搭載されていません。

ただ、デロンギの全自動コーヒーメーカーはそれ以外にも多彩なメニューが用意されています。

普通のコーヒー、エスプレッソからはじまり、全5種類。ディナミカはすべてのメニューに対応しています。

▼見慣れない2つのメニューの味はこんな感じ

  • カフェジャポーネ:日本人好みに開発されたメニュー。 豆を蒸らしながら抽出することで苦みが効いた味を実現
  • ドッピオ+:「ゆっくりお湯を浸透させる&蒸らす」で作る、香りよく濃密な味のメニュー
機種名 スペシャルティ カフェジャポーネ ドッピオ+ ロングコーヒー エスプレッソ
ディナミカ
マグニフィカ
マグニフィカS
オーテンティカ
マグニフィカS スペリオレ
マグニフィカS カプチーノ
エレッタ カプチーノトップ
プリマドンナXS

味の違いをマッピングするとしたの図のようになります。

こうしてみると濃厚なドッピオ+からサラッとしたスペシャリティまでカバーしているのがディナミカのよさですね

デロンギ ディナミカは全自動でスチームミルクができない

デロンギの上位機種、

  • マグニフィカS カプチーノ
  • エレッタ カプチーノトップ
  • プリマドンナXS

3つはコーヒーを抽出するだけでなく、スチームミルクまで全自動で作ってくれるものもあります。

要するに、ボタン一つでカフェラテやカプチーノができてしまうんです。

一方、ディナミカはスチームミルクが手動。自分でノズルに牛乳をあてて泡立てる必要があります。なので、ミルクを使ったメニューをメインに考えている人は、ディナミカは避けた方がいいかも。

その場合、上記3機種の内マグニフィカS カプチーノがおすすめです。

なぜマグニフィカS カプチーノがおすすめかというと、上記3機種の中でマグニフィカS カプチーノが一番安くてコンパクトだからです。

MEMO
他の2機種には泡の大きさ調整機能がついてるのですが、正直大差なしです。

まとめ

  • デロンギ ディナミカは浅煎りのスペシャリティコーヒーを美味しく飲める新メニュー「スペシャリティ」を搭載
  • その他のカフェメニューも網羅した最新機種
  • カフェラテ・カプチーノが手動なのが唯一の欠点。ミルクメニューがメインの場合はマグニフィカS カプチーノがおすすめ