【日本初】コーヒー豆のサブスクリプション「PostCoffee」を試してみた

最近はやりのサブスクリプション。huluやアマゾンプライムビデオのような、月額課金で使えるサービスのことです。

そんなサブスクリプションがついにコーヒー界にもやってきました!

「日本初のコーヒーサブスクモデル・PostCofffee」

  • アプリから注文したら選りすぐりのコーヒー豆がポストに届く
  • 月額課金で支払いの手間いらず

そんな最先端のコーヒーサービス「PostCoffee」を早速試してみました。

PostCoffeeに登録!

iOSアプリをAppStoreからダウンロードして登録。特につまずくところはありませんでした。

気になる会員料金は月額1280円。毎月150ℊのコーヒー豆が無料になります。

”注意”
2019年4月現在、PostCoffeeのAndroidアプリは未リリース。iOSユーザのみ利用ができます。

ちなみにポストコーヒーには、会員料がかからないBASIC会員というものもあります…が、特にサブスク感はなく普通の通販と同じです。

お試しの3種類の豆を試飲してみた

私が登録した際には3種類の飲み比べセットが無料でついてきました。(先着3000名のキャンペーンらしいです)

1杯分で梱包されていて準備がラク。味も中々に美味しかったです。

PostCoffeeのコスパは?

100gあたり800円前後です。しっかりとしたコーヒー豆としては安くも高くもない値段ですね。

PostCoffeeを退会した理由

一番の理由は近くに色々と美味しいコーヒーショップがあるから。自分で足を運んで買いに行けてしまうので、ポストコーヒーのメリットが少なかったように感じます。また、上に書いたように特にコスパがいいとは言えないと感じました。

住んでいる周辺でコーヒー豆を買う場所が少ない人にはおすすめなサービスといえそうですね!