スマホ用ポータブルキーボードの魅力と私の愛用品「マイクロソフトWEDGE MOBILE KEYBOARD」について語らせてほしい

外出先のちょっとした空き時間にスマホで作業をしたい。けど、文章をそれなりに書くのでスマホのフリック入力だとしんどい。そんなことってないだろうか?
・ESを書く就活生
・レポートを書く学生
・私のようにブログを書く人
そんな人たちにおすすめなのがポータブルキーボードだ。スマホと接続することで文字入力が劇的に楽になる。

ポータブルキーボードがおすすめな理由

・フリックより入力が劇的に早くなる

・ショートカットキーが使える

間違えて入力してしまった場合、スマホだと再入力が必須だが、キーボードだとctrl+zで一発で戻れる。

私が愛用しているポータブルキーボード

私が愛用しているスマホ/タブレット用のキーボードを紹介しようと思う。
ドンッ!
「Microsoft WEDGE MOBILE KEYBOARD U6R-00022」
『本体』 Wedge Mobile Keyboard U6R-00022 の製品画像
出典:価格.com
ちなみにビジネス用の上位モデルはこちら→「マイクロソフト Wedge Mobile Keyboard for Business Bluetooth U7R-00022」
さぁ、このキーボードの魅力をたっぷりと紹介しよう。

カバーがスマホ台に変身!

キーボードのカバーを折り曲げてスマホを立て掛けることができる。スマホを立て掛ける台とキーボードを別々に管理する必要がなく、ひじょーに便利だ。

何度も折り曲げたらカバーが折れないか…買った当時はすごく心配だったのですが、3年使ってもダメになる気配はありません。

かっこいい

見てのとおり、シンプルでかっこいい。

入力しやすさ

キーボードは若干柔らかめに作ってあり、タイピングがラクです。

キーボードがちいさくてが押しづらいとは感じません。私はそれなりに手が大きい方なので参考にしてください。

ショートカットコマンドは使えるの?

コピー、ペースト(ctrl+c、ctrl+v)戻る、進む(ctrl+z、ctrl+y)といった通常使うショートカットコマンドは今のところすべて動作しています。

また、便利だなと思ったのがAlt+Tabコマンド。PCの場合にはウィンドウの切り替えになりますが、スマホ/タブの場合には立ち上げ中のアプリ間を切り替えることができます。

バッテリーの持ち

毎日、30分くらいの作業をしていると、だいたい3ヶ月に1度のペースで電池交換が必要になっています。ちなみに電池は単4電池が2本。

その他の候補たち

・レーザー投影型
キーボードを机に投影するタイプ。これをスタバで使えば注目されること間違いなしだ。いい意味でか、悪い意味でかは、知らない。笑
・シリコン製
まるめて持ち運び可。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です