【秋葉原】電子書籍を格安で入手できる自炊の森。料金や使い方を解説。

スマホやタブレットで電子書籍を読むこと、当たり前になってきましたよね。
今日はそんな電子書籍を格安かつ安全に読むための方法を紹介します。
これから紹介する自炊の森なら、おおよそKindleの半額以下で電子書籍を手に入れることができます。

電子コミック一冊150円~ 自炊の森とは!?

秋葉原から総武線の高架に沿って3分ほど。

自炊の森が現れます。

ココは個人的アキバのイチオシスポット。自炊の森でできることは大きく2つ。

  • 持ち込んだ書籍をスキャナにかけて電子書籍化
  • 店内の書籍を借りてスキャンして電子書籍化

この借りた本のスキャンがアツいんです。ラインナップも豊富で値段もかなり押さえられます。

自炊の森の使い方

本を選ぶ

店内にはたくさんの本棚並んでいて自分で好きな本を選ぶことができます。スキャンしたい本を選びましょう。

会計を済ませる
受付で会計を済ませます。
スキャンする本の重さに応じて値段が決まります(100gあたり120円)。
▼重さは切り上げ。店内に秤があるので使うといいですよ!

 

スキャンする

会計が終わるとスキャナーの席に案内されます。

ここからはセルフサービス。自分でスキャンしてデータを保存。
▼スキャンもこんな感じでサクサク!

データはJPEGもしくはpdf形式にして持ち帰ることができます。
手順の不明点は店員さんまで。優しく答えてもらえますよ!

自炊の森は高い?

以前より少し値上がりしたようですが、まだまだ本を買うよりお得。
ほとんどの本が半額以下に収まります。
特に技術書は1冊あたりの値段が高く、数分の1の値段になることもザラ。

自炊の森の本ラインナップは?

有名な漫画やビジネス書、新書などをはじめとして、話題の本はほぼカバーされています

なお、自炊の森は1号店と2号店に別れていて、1号店では漫画を、2号店ではそれ以外を取り扱っています。
※2号店は1号店と同じビルに入っています

2号店で取り扱いが多いのは、ビジネス書籍、技術書、小説、自己啓発本、資格取得参考書、英語学習参考書など。

ネット上から書籍を検索できるので便利です。詳しくはリンク先で検索してみましょう!

参考 自炊の種(在庫本)自炊の森

自炊の森は違法じゃないの!?

来店した人が自分のためにコピーをとっているだけなので、違法性はありません。
コンビニで借りた本のコピーをとっても問題がないのと同じですね。
気になった方はこちらのページを見てみてください。法律の条文と照らし合わせて、詳細に説明されています。

参考 サービスの適法性について自炊の森

また、自炊の森では著作者向けに売上げの何割かを返却できるようにしているらしいです。こういった著者への心配りが明言されていると利用者側としても安心ですね!

自炊の森に持っていくといいもの

接続ケーブルは貸出ししてもらえますが、保存する媒体はこちらで用意する必要があります。
スマホ、マイクロSD、USBメモリを持っていくといいでしょう。
店内でも販売がありますが割高です。

スキャンした書籍を読むならFireHDがおすすめ

おすすめのタブレットはこちら。安価ですが本を読むには必要十分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です