マジックブレッドで曳いた豆でコーヒーを煎れてみた

年始にサンシャインエスプレッソさんを訪れたところ、おみくじをやっていて…

なんとコーヒー豆があたりました!

新年からツイてるね!

マジックブレッドでコーヒーを煎れてみた

そこで先日買ったミキサー「マジックブレッド」を使ってコーヒー豆も挽いてみました。

ミキサーなんかで本当に大丈夫?

豆をセットして

挽いてみた

出来ばえはこんな感じ

ちょっと粗削りな気がしなくもないけれど気にしない!
付属のカッター(平刃と)はどちらでも挽き加減は変わらなかったです。

MEMO
容器がしっかり乾いていないとコーヒー豆がくっついてしまうので要注意!

めちゃくちゃ久しぶりのペーパードリップ。何年ぶりだろう?

蒸らすためにお湯をちょっと注ぐと豆がじわっと膨らみます。これは豆が新鮮な証拠!

そして辺りに広がる豆の香り。

手間がかかるけど、やっぱり自分で煎れるコーヒーはいいですね~

徐々にお湯を注いでいくと…おー出た!ちゃんと抽出されてる。

完成。しっかりおいしいコーヒーが淹れられましたよ!

専用のミルには多少劣るところがあるかもしれませんが、ミキサーでここまでできれば十分アリ!

マジックブレッドでコーヒーを淹れるメリット

メリットはひとこと「手軽さ」ですね。

準備も片付けもお手軽

普段からマジックブレッドは出しっぱなしなので準備がほぼほぼ必要なし。

加えて丸洗いできるから片付けも楽々。

…前に買った電動ミルは丸本体ができず苦労しました。本当にストレス!

MEMO
コーヒーは油がついているので軽く手洗いをするといいです

曳いた豆をそのまま保存しておける

蓋をすることでそのまま保存できます。

MEMO
冷凍庫に保管すると味や香りが落ちづらいです
ちょっと多すぎじゃん?とか思っていた付属のカップもこういうときに助かりますね!

本当はその都度豆から曳いた方がおいしいんだけど。個人的には1から2週間くらいならほとんど味や香りに影響は感じていません。

マジックブレッドでコーヒーを淹れるデメリット

コーヒーミルを使うよりも多少粗めな粒が残っている気がします。

まとめ

  • マジックブレッドでもちゃんとコーヒー豆は挽ける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です