【新宿】TSUTAYA BOOK APARTMENT訪問記。置いてある本の量は?

コーヒーを片手に気になる本を読める。スターバックス併設型の蔦谷書店って素晴らしいですよね!

2017年12月にスターバックス×TSUTAYAという個人的に一押しのこのコンビが、新宿に本に関する新しい施設

「TSUTAYA BOOK APARTMENT」をオープンしました。さっそく行ってみたのでご紹介しますね!

「TSUTAYA BOOK APARTMENT」のアクセス

新宿三丁目駅が最寄り駅で出口から200mほど。JR新宿駅東口からだと徒歩5分ほどです。歌舞伎町の入り口に面する大通りに位置しています。

スタバついでに手に取れる本は少ない

コーヒーを買うだけで行けるエリアは2F、3Fのみ。

スターバックスの席周りの壁に陳列されてる本を手にとり読むことができます。

ただ、決して本の量は多くありません。壁画のように並べてあり、どちらかというと店内を彩るインテリア扱いのような印象を受けました。

読んでいる人もあまり見当たりませんでした。

「面白そうな本を探して気になった本があれば、コーヒー片手にちょっと読む」

こんな使い方をするのであれば蔦谷書店の方がおすすめです。

4Fより上のフロアには本がたくさん、ただ別途入場料が必要

4Fより上は別途料金が必要になります。というよりむしろ4Fより上のフロアが「TSUTAYA BOOK APARTMENT」なんですって。

1時間あたり500円、(+入場料100円)と漫画喫茶より少し料金は高めですが、本はいろいろ用意されていて、居心地もなかなか良かったです。

「TSUTAYA BOOK APARTMENT」に置いてある本の種類

ビジネス書や旅行本が多い。文庫本、新書とマンガ。雑誌やアート本などが置いてありました。古いより新しい本、話題の本が多くおかれているイメージです。

「TSUTAYA BOOK APARTMENT」4F コワーキングスペース

出展:TSUTAYA

本をしっかり座って読みたい方にはおすすめのフロア。コンセント、プリンタが完備されていて、iMacやiPadを借りることもできます。

コワーキングスペースとしては、置いてある本からアイデアのタネを探す使い方がいいのではないでしょうか。反対に「ただ自分の作業をするだけ」では割高な感が否めません。

また、スペースの一角にKANAERUなるコーナーがあり、クラウドファンディングで実現した IoT ガジェットやプロダクトが展示されています。新しいモノ好きの人は見てみると楽しいかも知れません

「TSUTAYA BOOK APARTMENT」5F 男女共用エリア

出展:TSUTAYA

芝をイメージしたラグにナチュラルなウッドの本棚。全体的に明るく開放的でリラックスできる雰囲気です。

なんでもグランピングをイメージして作られたフロアなんだとか

座席周りにはクッションが置かれていること、靴を脱いでスリッパに履き替えることもリラックスできて◎

また、人がそれほど入っていなかったこともあるかもしれませんが、席と席の間は十分に空いていました。

「TSUTAYA BOOK APARTMENT」6F 女性専用エリア

6階は女性専になっているので女性1人でも安心ですね。パウダールームもあるようです。

 

また、利用者は鍵付きロッカーを1つずつ借りられるので盗難の心配がないのも嬉しいところです。ロッカーはかなり大きめだったので、荷物が多い人でも安心です。

基本情報

関連ランキング:カフェ | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です