FireTV Cubeにできることは?今までとの違いを分かりやすく解説

日本では未発売だったFireTV Cubeがついに国内でも販売されることになりました。

  • FireTVで十分でしょ!?
  • 今までとの違いはなに?

といった気になる点を解説します。

先に簡単にまとめると、家電操作から動画視聴まですべてを1台でこなせる全部入りのマシーンです!

これまでのFireTV同様できること

プライムビデオをはじめ、youtubeからNETFLIXまで。各種動画サービスを視聴することができます。

今回のFireTVCubeで特筆すべきは、動画再生までのステップが簡単だということ。

FireTVCubeに話し掛けるだけで、TVの電源をオンにして見たい動画を再生することができます。

FireTV Cubeでしかできないこと

テレビやAVオーディオ機器、エアコンなどの操作

FireTV Cubeは赤外線機能を内臓。赤外線で操作する、言い換えればほとんどの家電類を声で操作できます。

これまでのFireTVで家電を操作するためにはスマートリモコンを買い足す必要がありましたが、今回はFireTV Cubeのみで完結します。

声をかけるだけでの操作(ハンズフリー)

これまでのFireTVでは音声操作をするためにFireTVリモコン本数のボタンを押す必要がありました。

これがめちゃくちゃ面倒…音声機能は使わない人がほとんどだったかと思います。

FireTVCubeの場合、ボタンを押す必要はなし。完全ハンズフリーで操作可能です。

4K再生対応

これまでのFireTVは1機種を除き4Kには対応していませんでした。

対して今回のもFireTVCubeはもちろん4Kに対応。加えて、ドルビーアトモスなどの最新のサウンド仕様にも対応しています。

まとめ

  • 海外でのみ販売だったFireTVCubeが日本でも発売されることに決定
  • FireTVCubeはハンズフリーで操作できてとても便利
  • 動画再生、テレビのON/OFFからエアコンの操作まで。色々な家電を声だけで操作可能